2018-06

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

動くか動かないか

新しい一歩を踏み出すのは怖かったり億劫なものです。
仕事を変える、新しい勉強を始める、人との付き合い方を変える。

「今のままでいいや」

というのも、ありです。
ただ、自分が今のままでいいやと思っていても、世界や周りの人は動き続けています。
自分が動かなくても、いつの間にか社会や環境がガラリと変わってしまったりしてしまうのです。

だったら、どうせ「今のまま」なんて幻想なんだから、自分が好きなことややりたいことをしてみるのもいいのではないでしょうか。
動いたらとんでもなくドキドキする経験をするかもしれません、でも世界が自分の外でグリグリ動いているなら、動かなくても予想外のことはいっぱい起こります。
どっちがいいかなんて、安心かは自分の気持ち次第です。

「動く」というのは選択の一つですが、「動かない、何もしない」というのも自分が下した選択です。
今日も明日も、悔いないようにがんばっていきましょう。

お付き合い有難うございました。

スポンサーサイト

日々の心がけと、とっさの反応

何か、トラブルや嫌なことがあった時にそれに対して反射的に反応してしまうことが多いです。

ただ、後から冷静に考えたら、言うほど大したことではなかった、なんでこんな大騒ぎしたのかなと
思えてくることもよくあります。

これは、「起こった事実」と「それを受けた自分の感情、反応」を丸ごと事実として受け止めてしまっているからです。

例えば、
「約束していた予定を友達がドタキャンしてしまった。 こちらは準備していたのに最悪だ」
といったことがあったとします。
なんとなくこれと似たような経験はされた方ある多いと思いますが、事実は
「友人がドタキャンした」
「自分はそれに向けて準備していた」
であって、
「最悪だ」
はそれを受けた自分の反応ですよね。

人によっては
「相手も何か事情があったのかな。仕方ないな」
と思っておしまいにしてしまう人もいますし、上級者だと
「予定なくなってしまったけど、この準備してきたことを活かして何か面白いことできないかな」
「空いた時間で自分のしたいことをしてしまおう」
と前向きにとらえてしまえる人もいます。

そんなこと、普段マイナスに考えてしまうような自分ができるのか?

私も修行中の身ですが、大きなトラブルがあった時に自然とそのように事実と感情を切り分けられるようになるには、何気ない普通の日常からそういうように考えるクセ付けが必要だと考えています。

「あのケーキ美味しそう」
と思ったら、
事実:ショートケーキが目の前にある
感情:私はそれを美味しそうと感じている。

みたいに、ゲーム感覚で続けていけば少しずつできるのではないかと思っています。
何気ない日々の心がけが大事なのではないでしょうか。

最後までお付き合い、ありがとうございます。




Happy News.com

海外のサイトでHappy News.com というのがあります。
明るくなったり、希望が持てたりするニュースばかりを集めたニュースサイトみたいな感じです。

このサイトのモットーの一部を適当に和訳(超訳?)すると

「私たちは美徳、善意や勇気に満ちた記事こそが最もホットなニュースだと信じています。
だからこそ私たちは、精神を向上させ人生を刺激するような最新の記事を配信し続けています。」

もちろん、明るい話題ばかり追い求めて現実に世界で起こっていることに目をつむってしまうのはいけないですが、暗いニュースばかりが取り上げられるような時代なので、こういうサイトがあることはとてもいいことだと思います。
何事もバランスが大事ですよね。

ちなみに、英語版しかありません。
でもどうせ英語の勉強するなら、明るい記事を読むことを通しての方が好きなので僕はよく利用しています。
http://happynews.com/index.aspx


文章が短くなったので、この文章を書いているときにふと思い出したRascal Flattsの"My Wish"という歌を載せておきます。サビの和訳はまたしても僕の超訳ですので、正確かどうかはわかりません(笑)。
日本ではあまりなさそうなストレートな歌詞だと思います。
というか、Rascal Flattsの歌はかなりこんな感じの歌詞のものがたくさんあります。
海外の歌手で唯一何年も聴き続けているグループです。
というか、あまり詳しくないのでたまたま知ったこの歌手しかわからないのです。。

僕の、君への願いは、この人生が君の望むその通りのものとなりますように
君が大きな夢を持ち続け、心配が小さいままでありますように

君は君が抱えられる以上のものを決して抱え続ける必要はないんだ
君が外に出て世の中にあり、たどり着こうとしている場所を目指しているときでも、
誰かが君を愛していて、僕と同じことを願っているということを君には知ってほしいのです

そう、それが僕の願い」




今日も立ち寄ってくださりありがとうございました。

テーマ:日々のつれづれ - ジャンル:日記

失敗につて

失敗を祝福しなさい。例え1000回失敗したとしても、もう一度挑むのだ。

私は人生でたくさんの過ちを犯した。しかし、よく聞きなさい、これらの過ち無しでは今の私は無かったのだ。それゆえに、自分の犯した過ちに満足している。

私の言葉を誤解しないで欲しい、過ちを犯せと言っているのではない。自分の犯した過ちによって意気消沈するなと言っているのだ。

失敗を気にするな。失敗は必然であり、人生を彩るものだ。失敗の無い人生など考えられないだろう? 苦闘の無い人生など生きるに値しない。 そんな人生の何処に詩があるのだ?苦闘や過ちを気にするな。

嘘をつく牛など聞いた事が無い。しかし、牛は牛に過ぎず、人では無い。だから失敗を気にするな。

失敗や過ちこそが私たちの教師である。過ちを犯す者にのみ真実への道は開かれる。


スワミ・ヴィヴェーカーナンダという方の言葉らしいです。
ヨガの先生がツイッターで書いていたので知りました。

僕はローターアクトクラブというロータリークラブの支援の下で活動する青少年プログラムみたいなのに所属していて、ボランティア活動を含めて動いています。
以前、東京にいたときに、東京のロータリークラブの方が

「とにかく、正しいと思ったことなら僕たちを説得して行動してください。
君たちは若いんだから失敗して当たり前。
だから極端な話、ローターアクトクラブを失敗する機会にしてもらってかまわない。
僕たちが大きく軌道から逸れないようにサポートするから、とにかく若い力で僕たちを驚かすような立派で積極的な活動をしようとがんばってください。
ただし、もし失敗したときでもそこから必ず教訓を得て、自分の将来に役立ててください。
そのためのローターアクトだと思う。」

と言っていただいて、とても感動したことを思い出しました。

できるかできないかも、まずやってみなければ分からないし、失敗をすれば次は同じ失敗をしないようにすればいいだけ、先に進める。簡単なこと。
そう考えれば、もう少し毎日踏み込んだ生き方ができるかもしれません。

そんなことを昨日、ヴィヴェーカナンダさんの言葉を知って考えました。
今日も最後までおつきあいありがとうございました。

テーマ:モノの見方、考え方。 - ジャンル:心と身体

お久しぶりです

最近音沙汰なく、すいません。
読んでくれている方はいるのかな?

実は、京都大学の大学院に合格しまして、つい最近実家に戻ってきました。
仕事と学業を両立しながらがんばれたらなぁと考えています。
あと、これまで外資の四半期利益とかバリバリ考えないといけない会社にいたので、これからは方向を変えてボランティア活動もできたらいいな。

それにしても7年以上東京に住んでいたので(しかも同じマンションに!)、人生の4分の1ぐらい住んでいた計算になります。すごく長くいたんだな。
なので、電車で目的地を乗り過ごしたりと土地勘も鈍っているようです。
これから、少しずつ過去の記憶を掘り起こしていきたいと思います。

さっき、イギリスのヒースロー空港で今年の10月に行われたドッキリの映像を見つけ、とても感動しました。
題名も「Welcom Back」というもので、少し今の僕の現状もあって涙腺が少し緩みました。

特に2:25以降がいいです。

これから、もう少しがんばって更新していこうと思うのでよろしくお願い致します。



あるけみすた

テーマ:日々のつれづれ - ジャンル:日記

«  | ホーム |  »

Twitter Updates

Twitter Updates

    follow me on Twitter

    プロフィール

    アルケミスタ

    Author:アルケミスタ
    商学部卒業後や医療系の大学院、アメリカのバイオベンチャー企業等々を経て、今は会社の運営をサポートを主にしています。
    事業は医療から美容まで関わっているので、会社の目標は「より健やかで美しい世界の実現の主役となる」と考えています。

    最近の記事

    最近のコメント

    最近のトラックバック

    月別アーカイブ

    カテゴリー

    リンク

    このブログをリンクに追加する

    RSSフィード

    ブログ内検索

    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。