2017-06

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

不屈

昨晩、自宅で「インヴィクタス」という映画を観ました。
ネルソン・マンデラと南アフリカのラグビーチームのお話です。

20年以上もアパルトヘイトと闘って20年以上も投獄されていたマンデラが解放され、大統領になった後から物語がスタートします。

差別を乗り越えて国を一つにまとめるために、マンデラは自ら模範となる生き方を取っていきます。
最初は反目しあっていた彼の周りの黒人、白人も含めた国民みんなが南アフリカのラグビー代表チームが自国開催のワールドカップで奇跡の躍進を遂げて、最強のニュージーランドオールブラックスを延長の末破って優勝する最後のシーンはすごく感動しました。
下は映画でも大きく取り上げられていた、ネルソン・マンデラの長い獄中生活でくじけそうになったときも彼を支え続けた詩です。

私を覆う漆黒の夜
鉄格子にひそむ奈落の闇
私はあらゆる神に感謝する
我が魂が征服されぬことを

無惨な状況においてさえ
私はひるみも叫びもしなかった
運命に打ちのめされ
血を流しても
決して屈服はしない

激しい怒りと涙の彼方に
恐ろしい死が浮かび上がる
だが、長きにわたる脅しを受けてなお
私は何ひとつ恐れはしない

門がいかに狭かろうと
いかなる罰に苦しめられようと

私が我が運命の支配者
私が我が魂の指揮官なのだ


イギリスの詩人ウィリアム・アーネスト・ヘンリーのものだそうです。
自分にひどい仕打ちをした人たちを率先して赦し、自分の味方に変えていく。
そんなネルソン・マンデラの生き方に触れられる映画だと思います。
映画の最後はマンデラが
「私が我が運命の支配者
私が我が魂の指揮官なのだ」
とつぶやいて終わるところも素敵でした。

あと、最後のスタッフロールに流れる曲は平原綾香さんの「Jupiter」と同じ原曲を使ったものでした。
とても良かったので、下にインヴィクタスのPVと一緒にyoutubeのものを載せておきます。

それでは、今日も最後までおつきあいありがとうございました。




スポンサーサイト

テーマ:日々のつれづれ - ジャンル:日記

勝手に映画解釈 「最高の人生の見つけ方」

「最高の人生の見つけ方」という映画をDVDにて観ました。
これは素晴らしい映画です!

以下、僕の勝手な解釈をつらつらと。
(ネタばれなのでご注意ください。ただ、ネタがばれたからといって感動が薄れる映画ではまったくありません)


この映画は、余命6か月を宣告された、大金持ち実業家のエドワード・コール(ジャック・ニコルソン)とまじめ一徹な自動車整備工のカーター・チェンバース(モーガン・フリーマン)の2人が、棺桶リスト(死ぬまでに達成したいことリスト)を作成し、達成のために世界を駆けまわるという内容です。

エドワードとカーターは、そのエドワードの資本力を持ってして、リストにあることを次々に一緒になって楽しく達成していきます。

そして、それぞれの人生で最後に達成されたリストの項目は。。。


まず、カーターにとってそれは
「心の底から一生分笑う」 
でした。
一見、一番簡単。お金がなくても、誰でもできるはず、と思います。
しかし贅をこらしてたくさんの経験をしたけれど、彼は実は心の底からは笑えなかったのだと思う。
ところが、
愛する妻や子どもたち家族との愛の再確認によって死に向かう現状をすべて受け入れた彼は、
その時初めて心の底から笑えたのだと思う。

次にエドワード。
彼にとって最後に達成したことは
「見知らぬ人に親切にする」
これまで生き馬の目を抜くような世界で生きてき、人を親切にしたことはない、というよりすることすら考えたことなかった。
彼は余生を最高の人生にするための行動自体が、見知らぬ人(カーターのこと。彼らは病院で初めて知り合った)への親切にもつながっていたことに、最後になって気づいた。
本当の素晴らしい人生とは、単なるお金と権力ではなく、
見知らぬ他人とまで喜びと幸せを分かち合えるものなのだ。
こういうことを意味していたのではないかな。

最後に、エドワードの秘書がヒマラヤの山頂あたりに2人の遺灰を埋葬します。
なぜなら、最後にリストに残ったもの
「荘厳な景色を見る」
を彼らのために達成するためです。
これは、残された者も亡くなった者のためにできることがある。それは供養であり、荘厳な景色を守っていくこと。つまり、彼らのリストを完遂させるためには、美しい地球を守っていく必要があるのであり、それは残された者の役割である。

ということを意味していると勝手に解釈しました。考えすぎかもしれません。

ここで、最後にKOKIA「安心の中」という歌をチョロっと紹介して終わります。
なぜって、歌詩が少し今回の話と近い(+KOKIAを紹介したいから笑)

歌詞の最後の一部を抜粋します。

~一分一秒大事に噛み締めて 生きてゆく事はできないのでしょうか 
安心の中で失ったものを 取り戻したいのです

ねぇ ねぇ ねぇ・・・

生きている痛み

ねぇ 次の瞬間に全てが終わるなら 愛する人の顔を浮かべて
どんな風に笑って どんな風に泣いたか 思い出す人でしょう

安心の中に居る人 眠りにつく前に ベッドの上
愛する人の顔を浮かべて 気づいてほしい 当り前の幸せに・・・~



'08 The 10th anniversary concert.

ありがとうございます。

今日紹介したKOKIAさんの曲は↓に入っています。






テーマ:モノの見方、考え方。 - ジャンル:心と身体

«  | ホーム |  »

Twitter Updates

Twitter Updates

    follow me on Twitter

    プロフィール

    アルケミスタ

    Author:アルケミスタ
    これまでのご縁で、医療・会計・統計はある程度勉強しています(現在も勉強中)。
    現在は統計分析も仕事でしています。
    趣味はヨガと読書(ジャンル問わず)。
    ここで書く内容は、日々思ったことを整理して書いています。
    もし、ここを通して僕が面白いと感じたことを共感して興味を持って頂けたら本当に幸せです。
    ありがとうございます。

    最近の記事

    最近のコメント

    最近のトラックバック

    月別アーカイブ

    カテゴリー

    リンク

    このブログをリンクに追加する

    RSSフィード

    ブログ内検索

    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。