2017-05

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Why × 5回

本を読んでいたら、モノを考えるときには「What」ではなく「Why」を5回繰り返せという内容の箇所がありました。

僕は、興味があってデザイン学校の夜間講義を取っていたりするんですが、そこの先生が言っていたことと同じだなと感じました。

「電車に乗っていて、あの人お洒落だなと思ったら、何を着ているか(What)を考えるのではなく、
なんであの人はお洒落に見えるんだろう(Why)
  →○○と△△の組み合わせがあっているから

なんで○○と△△の組み合わせがあうんだろう(Why)
  →・・・・・

という感じでどんどん掘り下げなさい。」


そうすると、表層をマネするのではなく、その奥にある本質的なものが理解でき、自分自身でそれを応用・活用できるようになるとのことで、
これを最初の授業辺りで教えたら、期末にはみんなお洒落になったとおっしゃっていました。

しばらく、自然にこの考え方ができるようになるまで意識的に取り組んでみようと思います。

ちなみに、今日は

・医師会等が一斉に、ホメオパシーは非科学的という声明を発表している

というテーマを考えました。
5回もwhyで掘り下げたら普通に記事だけしるのではなく、色々と深いところまで考えれて面白かったです。
色々仮説を立てて調べたりもしましたし。
この技術を身につけたら、もうちょっと頭がよくなれそうです。

皆さんもどうでしょうか。
今日もありがとうございました。

おまけ
数年前に、近所のお茶漬けの店でお茶漬け食べている時にこの曲が流れてきて、衝撃的でした。
アンマーとは、沖縄の言葉で母という意味だそうです。
今聴いてもやっぱりインパクトのある曲だと思います。



アルケミスタ
スポンサーサイト

テーマ:モノの見方、考え方。 - ジャンル:心と身体

イエスプロジェクト4月及び5月現在まで

こんにちは。

相変わらず、セイ、イエスプロジェクトは継続中です。
しばらくあけてしまったので、4月から5月現在までの報告をします。以下がこの期間の成果です。

・とりあえず、友人の結婚式で「ゼルダの伝説」コスプレ案は自然消滅し、事なきを得ました(笑)

・今現在仕事をしているIT関連会社には、基本的に

「うち来てみる?」
「ぜひ」

という流れなので、現在まででプロジェクト最大の成果だと思います。

・仕事に関しては、ITとか実戦レベルの知識や経験があったわけではないので、合間見ながら勉強してます。
とりあえず、仕事での依頼は全部引き受けるつもりですが、未熟ゆえあまり大きな仕事はまわってきません(笑)

・GW時に、ヨガの合宿があったのですが、そこでグループを組んで劇(なぜに笑)をすることになりました。僕はもともと準備を周到にするタイプなのですが、他メンバーはみんなあろうことかアドリブ至上主義だったので

「劇なんてアドリブでいいよ~。 寝よ寝よ!」
「はい。。。」

という具合で、ついでに松岡修造熱血キャラクターを演じる羽目になりました。
でも、なんとかアドリブで恥も外聞もかなぐり捨てた鬼気迫る演技をし、事なきを得ました。
なぜか精神的にタフ、かつ新しい境地を開拓した気がします。

*劇では松岡修造さんの名言をいくつか引用しました(アドリブで言ったので言い回しとかだいぶ変わりましたが。。)。以下はそのセリフ。

・僕は、人間は必ず思ったことは実現できると信じている

100回叩くと壊れる壁があったとする。
でもみんな何回叩けば壊れるかわからないから、
90回まで来ていても途中であきらめてしまうのかもしれない
夢がいつ現実に向かうか分からない
ただ僕はいつ開かれるか分からない扉を、開くまで叩き続けるだろう


・何言ってんだよ!!その崖っっぷちが最高のチャンスなんだぜ!!
自分の全ての力を出し切れるんだから!!!
崖っぷちありがとう!!最高だ!!!


あと、引用したかったけど、応用するの難しすぎて泣く泣くボツになったセリフ


・味のある人間って言われてますか?
中身のある人間って言われてますか?
イワナ見てみろよ!!

イワナ~勉強させていただきます~

イワナはなあ、余計な味付けいらねえんだよ
自分に中身がある。ダシが凄いついてるんだよ
イワナ見習って生きろ!!
中身で勝負だ!!
これから!!ダシのある人間になれ!!
 

そんな感じです。
とりあえず言えるのは、松岡修造さんのファンになりました(笑) 発想が神様。

来月は一体どういう報告ができるんでしょうか。
ではでは。
読んでいただき、ありがとうございます。


テーマ:モノの見方、考え方。 - ジャンル:心と身体

Say Yes! プロジェクト開始後の2日間

Say Yes プロジェクト開始後2日間でいきなりいくつか
「Yes」
と答える機会がありました。

・高校の時に所属していた弓道部同級生との飲み会の誘い。
皆の予定がつかず、夜9時ぐらいからの開始。
かつ、当初予定していた場所である三条河原町から百万遍へ(つまり、自分にとって行くのが面倒な所への変更)。
でも、プロジェクト開始初日に「No」と言えるわけもあるまい。

→結果。6年ぶりぐらい久しぶりの友達とかにも会うことができ、それぞれの近況報告が聞けてとても有意義でした。

・ペンシルバニア大学から観光に来ていた総勢30人超のお茶会体験のお手伝い。
茶道の勉強はまだ始めて1週間しか経ってないから、当然説明なんかできない。かつ、英語でお茶の説明なんてしたことない。けど「Yes」

→結果。お客さんの人数が多すぎ、ほぼ流れ作業的お茶会に。そのため、単純作業ながらもお茶碗を持ってちゃっちゃか動く自分が予想以上に役に立ったようです。 
話のネタにもなりました。

ということで、現在のところプロジェクト順調。

現在迫られている選択。
・大学院の友人の結婚式2次会で、ゼルダの伝説のリンクのコスプレをするという件(似てるらしい)。

→回答保留?(前向きで) 本当に似ているのか。。。 やって、会場沈黙とかなったら笑えない。
でも、プロジェクト的には「Yes」て言うべきだよな~。

がんばります。

ここまでお付き合いありがとうございました。

テーマ:モノの見方、考え方。 - ジャンル:心と身体

イエスマン

ダニー・ウォレス著の「イエスマン~"YES"は人生のパスワード~」(basilico出版)という本を読みました。

友達からの誘いやあらゆる広告、怪しい団体の勧誘など全てに「イエス」といったらどうなるか?
そんなことを実際にBBCのラジオディレクターが挑戦したノンフィクションです。

元彼女とその恋人にばったり街で遭遇し食事に誘われたときにも(明らかに社交辞令)、戸惑いながらも「イエス」と答えて、皆で気まずい時間を過ごすなど、思わず笑えるシーンがたくさんあります。

ネタばれにはなりますが、結局主人公はいくつか「ノー」と答えざるを得ない結果となってしまいます(人を殺してくれとか頼まれたりしたら当然断りますよね笑)

この実験の結果、主人公はとても大切な発見と幸せな結末を手に入れました。
結末は読んでのお楽しみです。

発見とは、
本文を引用すると
~イエス主義のことだけど、君にとって人生で最高といえるようなできごとの中には、君が何かにイエスと言ったからこそ起こったものもあるんじゃないかな。イエスと言わなきゃ何も変わらなかったかもしれない。~ p311

だからこそ、小さなことでいい、今日でも明日でも来週でもいいから、普段はノーと言うようなことにイエスと言ってみてくれないかなと思う。

~友達にイエス。仕事帰りの自分にイエス。きっと、驚くほどすばらしいことが起こる。~p426

と書いています。

確かに、僕のこれまでの人生でも
「イエス」
と言ったからこそ、すごくラッキーなことに恵まれたこともたくさんあります。
このことは、いつかおいおい書いていきたいと思います。

この本に影響されて、僕も「Say Yes! プロジェクト」を始めたいと思います(短絡的ネーミングですいません)

ルールは
・基本的には積極的にYes!と言う
・自分の信条、道義に反すること、することに心から嫌悪感を感じることにはノー
・約束やお誘いの時間等がバッティングしたときには、代替案を自ら提案する

ということで、これから何か当プロジェクトでブログに載せられそうな出来事があれば少しずつ経過も含めて掲載していきたいと思います。

p.s.  「イエスマン」はジム・キャリー主演で2009年3月20日に映画として上演されるそうです!

ではでは、読んで頂いた皆様、ありがとうございました。



テーマ:モノの見方、考え方。 - ジャンル:心と身体

«  | ホーム |  »

Twitter Updates

Twitter Updates

    follow me on Twitter

    プロフィール

    アルケミスタ

    Author:アルケミスタ
    これまでのご縁で、医療・会計・統計はある程度勉強しています(現在も勉強中)。
    現在は統計分析も仕事でしています。
    趣味はヨガと読書(ジャンル問わず)。
    ここで書く内容は、日々思ったことを整理して書いています。
    もし、ここを通して僕が面白いと感じたことを共感して興味を持って頂けたら本当に幸せです。
    ありがとうございます。

    最近の記事

    最近のコメント

    最近のトラックバック

    月別アーカイブ

    カテゴリー

    リンク

    このブログをリンクに追加する

    RSSフィード

    ブログ内検索

    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。