2009-06

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Yoga Month

アメリカの保健福祉省(とでも訳すのか)が、公式なヨガ月間を今年の9月に設けたらしいです。

以下、Yoga journal HPから引用。

This September will mark the first official National Yoga Month designated by the Department of Health & Human Services. National Yoga Month was developed to raise awareness of yoga's health benefits and provide people with guidance and tools to improve their well-being.

Organizers are calling on the yoga community, particularly yoga teachers and studios, to help through hosting events and offering free classes and donation classes that help support the cause.


日本でも、もっとヨガが普及したらいいなと思います。

これが、そのサイト↓
http://www.yogamonth.org/
スポンサーサイト

テーマ:本日気になったネタ - ジャンル:ニュース

ゆらぎ

瞑想法で、ろうそくをじっと見つめる方法があります。
僕も、やったことなかったんですが、この前、WSにて初めてトライしました。
とても、集中できたし、良い経験になりました。

でも、
「なんでろうそくを見つめることで、気持がぶれないで瞑想に集中できるようになりやすいのだろう」

ろうそくみたいにふらふら炎が不規則に揺れていたら、逆に落ち着かなくならないだろうか、と思いませんか?
僕は思いました。
ろうそくの炎とは反対に、大木みたいに、「どーん」と目の前に大きな存在感を持ったものと向き合ったら、気持が落ち着いたというのはわかりやすいですけど。

なんでか。
別に理由がわかったからどうということはないのですが、ちょっと考察。

大木のような大きな存在と対峙して気持が落ち着くのは、きっとそれは、赤ちゃんがお母さんを求めるような、そんな感じなんだと思います。
 よく、母なる自然とかいう表現も聞きますしね。

そんで、ろうそく。
ろうそくの炎は、本当に繊細です。
 人が横を通っただけで消えかけたりします(WSでは、冷房のおかげで危うく消えかけました)。
静止せず、常にゆらゆら。ほとんど揺らがなくなったと思ったら、突然炎が大きくなったり、小さくなったり。 またゆらゆら。

この炎、何かに似ていると思ったら、人の気持ちに似ていると気づきました。
思いっきり落ち込んだり、些細なことに動揺したり、翌日にはケロッと元気になったり。
そんな炎を見つめているとき、そこに自分を無意識のうちに投影してたりして。
炎を通して、自分を客観視する。
揺れていれば、揺れている状態をじっと見つめる。
マイナスの気分になったときは、それを否定せずに、その気分をじっと見つめて味わうというのは、瞑想法でよく言われてることですし、それと同じ感じがします。

最初から、何のツールもなく、自分の気持ちを観察するのはとても難しいですが、それをろうそく(投影された自分)を僕たちが日ごろしている「見る」という行為を通して行うことは、より簡単なのかもしれません。

だからこそ、ろうそくは古今東西様々な精神的な場に使われてきたのかもね、と思いました。

今日は、最後に「ろうそく」つながりで、KOKIAの「こころのろうそく」を紹介して終わります(我ながら恥ずかしいぐらいの宣伝っぷり笑)。
この歌は、去年の12月26日にあった京都コンサートのラストに歌われた曲で、とても印象に残っています。 ちなみに、この映像はその時のコンサートのものなので、カメラの外に僕がいます。 当然、映されませんでした。





それでは、皆さんがますます繁栄しますように。
Bye

P.S. 今日紹介した曲は↓のアルバムに入っています。 


テーマ:心と身体 - ジャンル:心と身体

和菓子とサインとユーミン

題名が意味不明ですが、つまりは今日あったことを時系列で並べてみただけです。
ということで、今回は日記。

僕は、現在東京ローターアクトクラブという会に所属してます。
今朝は10時から、都内某和菓子会社にて、その会の活動として和菓子作りを体験しました。

作ったのは、「水無月」というお菓子です。
いただいた資料でそのまま説明すると

~「水無月」は京都では特に6月30日に食べる風習があります。これは6月30日が、夏越の祓(なごしのはらえ)と呼ばれる水無月祓(みなづきばらえ)を行う日なのです。「水無月」の三角形の形は、神事に使う御幣(ごへえ・神祭用具のひとつ。白・金などの紙を祓いに用いる幣串(へいぐし)にはさんだもの)を見立てたという説があるほか、「氷室の節句」(陰暦6月1日に氷室の氷を宮中や幕府に献上する)に因み、氷を見立てたとも言われてます。また小豆の赤は邪気を払うと言われており、陰暦6月は暑さも厳しく病が流行りやすいため諸厄を避けようと願いを込めた祓いの行事です。~


↓ 「水無月」を作っている途中です。
「水無月」制作風景


↓食べる直前。おいしくできました。
「水無月」はこの後おいしく頂きました


その後、会のメンバーと離れ、大学院の時からの友人と合流、ユーミンのコンサートに。
会社の上司とも合流しました(うちの会社の皆さんはユーミンの熱烈ファンです)

コンサート、めっちゃくちゃよかったです。
本当に、演出や歌、トーク全部素晴らしかったです。


あ、そうそう。
コンサート行く途中に立ち寄った本屋で須藤元気さんの最新本
「愛と革命のルネッサンス」
の直筆サイン本を手に入れました。
すごくラッキー。

須藤元気さんの直筆サイン


こんな一日、皆さんはいかがお過ごしでしょうか?
皆さんの明日が素晴らしい日になりますように。




テーマ:日々の暮らし - ジャンル:ライフ

奇跡の脳~読書感想文~

「奇跡の脳」という本を書店で見られた方はおられますか?
これは、ハーバードの脳科学研究者であるテイラー・ジル・ボルトさんが、ある日突然脳卒中に
なったとき、そしてその後の経過や心の変化を口語調で書かれたものです。

すごい本でした。
何がすごいって、脳卒中になったときに次々と体に起こる変調や気持をとても鮮明につづっている
ことです。
その事実を、結構明るい調子で書いているのですが、僕は読んでてちょっとこわかったです笑

ただ、もっとすごいのは、この著者が、脳卒中になったことを悔やまず、むしろすごく良かったと言い切っている点です。
あまりリハビリなどについて詳しくは述べられていませんが、きっと心がおれんばかりに大変だった時期もあったと思います(あくまで類推)。
でも、そんなことはほとんど文章として表現してません(ちらっとほのめかすような記述はあった気がしますが)。

著者曰く、これまで左脳中心(論理的)に生きてきたのが、左脳が脳卒中によって認識・知覚能力を中心に機能しなくなったおかげで(今はリハビリに成功して、しっかり機能しているそうです)、右脳中心(直観や、論理を越えて今に幸せを感じること)が如何に素晴らしいことかに気づかれたそうです。

ですので、後半は涅槃とかなんやらかんやらの単語が登場し、少々宗教的な感じになるので、苦手な方もいるかもしれませんね。

それが気にならない方は、ぜひ一度一読する価値のある本だと思います。
最後に、この本から、僕が気に入った箇所をいくつか引用させていただいて(自戒のためにも)、今日のところはさよならします。。
読んでいただきありがとうございます、ではでは。



p194
脳卒中により、わたしは内なる自分を発見しました。ほんの少し、考え方や感じ方を変えるだけで、深い心の安らぎが得られることに気付いたのです。安らぎを体験するといっても、人生がいつも歓喜に満ち溢れている、という意味ではありません。あわただしい人生の、あたりまえの混乱の中にあっても、心の歓びに触れることはできるという意味なのです。

p210
「あなたは、正しくありたいですか、それとも、幸せになりたいですか?」
個人的には、からだの中で幸せが感じ取れるような状態が大好き。だから、毎日のように、そのループにつなげるようにしています。よく不思議に思うことはこんなことです。選ぶことができるのだとしたら、いったい誰が、幸せ以外のものを選ぶというの?単なる憶測にすぎませんが、幸せ以外の選択をしてしまうの理由は単に、多くの人々が自分たちが選べることに気づかず、選ぼうとしないからでしょう。



奇跡の脳~読書感想文~ »

テーマ:考え事 - ジャンル:心と身体

Give & Take

先日、呼吸に関するWSに行ってきました。
これも、ヨガの役に立つかな~と思っての参加です(実際、ヨガの先生が教えて下さいました)。

実際に、呼吸を自分の体で確かめたり、他の参加者との違いを比べてみたり。。
呼吸というのは、とても身近ですが、身近すぎるがために忘れ去られやすくておざなりになりやすいものだな~、と感じます。

呼吸て、自分で意識的に行おうとしたら、とたんに難しいものとなります。肋骨の左右への広がりと収縮、背骨の上下の動き、あと前後への広がりと収縮。。
時間の流れも入れると4次元の動きを意識しないといけません。

こんなのを意識せず、みんなしてるとはすごくないですか?

呼吸を学ぶというのは、単に酸素と二酸化炭素の出し入れをより活発に行うという目的に加えて、こういう動作を意識の表面に持ってきて、意識されなくても毎日頑張って難しい仕事をしている体に感謝する、という意義もあると思います。

また、もう一つ学んだのは、しっかり息を吐き出しさえすれば、質のいい吸気ができるということです。 多くの人は、深呼吸しようとすると、まず息を吸うことが多いと思います。ですが、肺の中にたまった息(特に古くなった空気)と新しい空気を混ぜてしまうだけで、効果が薄くなるようです。ですので、まずしっかり悪い空気を全部吐き出して、次に吸うことが大事です。
それに、肺が空っぽになれば、吸う息もとてもスムーズに行えることがわかります。

この呼吸の極意(?)から、生き方で大事な事も学ぶこともできました。
Take & Give ではなく、Give & Take 。

まだ、WSの内容を消化しきれておらず、文章の流れが崩壊気味なので、今日はこのあたりで。

ありがとうございます。ではでは。 

テーマ:心と身体 - ジャンル:心と身体

2009年6月~7月初めまでの予定イベント

6~7月初めのイベントがほぼ決まってきました!

ワークショップ関係が

・chamaさんの「ヨガするカラダ」第1章~ヨガにもよく効く”呼吸”のこと。~
・サントーシマ香さんの「アーユルヴェーダ入門」とヨガWS
・Lauren PetersonさんのアシュタンガヨガWS
・Cathy Louiseさんのヨガ実践アジャストメント集中講座

あと、
・大学院友人とユーミンのコンサート
・東京ローターアクト例会。虎屋にて和菓子作り体験。

という具合です。
ワークショップがどえらいことになってしまいましたが、気合いで乗り切りたいと思います。

他に、
「お前、これ忘れてね?」
とか
「これいれとけ。」
「俺もこれ興味あるんだけど」


とかあれば、遠慮なく連絡ください。

あと、僕がとてもお世話になっているヨシダグループ会長の吉田潤喜さんが、6/14の「真相報道 バンキシャ!」にゲストとして登場するようです。

http://www.yoshidasauce.jp/media/2009/05_27.html

こちらも、もしお時間があればぜひ!

テーマ:日々の暮らし - ジャンル:ライフ

体と生き方の関係

こんな記事を見つけました。

絵が全く書けなかった男性が、脳の外科手術後に、アーティストとしての才能が開花したそうです。

http://gigazine.net/index.php?/news/comments/20090604_brain_sugery_make_artist/

脳の一部がいかれたことによって、普段眠っていた部分が活性化したということでしょうか?
ということは、アーティストとして才能があるか否か(アーティストには限らないけど)は、脳の使い方に係る部分が大きく、全く才能がないという人はいないかも。
つまり、絵が苦手な人は、才能がないんじゃなくて、ただ単にその部分の脳を使っていないだけ(自分も絵が描けないので、脳使ってないと思われる笑)。

この記事の人の場合は、手術という嬉しくないきっかけでしたが、日ごろの生き方や考え方いかんで普段使ってない部分でそれに見合った箇所の脳が活性化してきたりするんじゃないかな、と思いました。

あと、もう一つ同じサイトから、「様々な祝い方をする100歳を迎えた人の誕生日の様子」という記事も。
http://gigazine.net/index.php?/news/comments/20090609_100th_birthday_celebrations/

この中には、普通に考えて絶対長生きできそうにないおじいちゃんおばあちゃんも。
「15万3000本の葉巻と70万本以上のタバコを吸ってきた」だとさ。。。(笑)

なんか、常識てもっと疑った方がいいんじゃないだろうか、と考えさせられます。
とりあえず、共通してるのは、
「笑顔が素敵」
「人生を楽しんで謳歌している」
「趣味や、自分の好きな確固としたものがある」

とかでしょうか。
結局大事なのは、能力があるとか環境・遺伝云々でなく、その人の日頃の生活に向かう姿勢でしょうね。
こんなことを記事読みながら考えた6月9日でした。

ありがとうございます、ではでは。

テーマ:心と身体 - ジャンル:心と身体

なつかしのアメリカ西海岸

昨日、デジカメの写真を整理していたら大量に懐かしい写真が出てきました。

あともう少し背が高ければ。。。



この写真は、去年にアメリカのポートランドに住んでおられるヨシダソースの吉田さんご夫妻宅に泊めていただいたときのものです。
森のように見えますが、庭です(笑)。
木がでかすぎて、身長差が悲しいほどあります。

吉田さんとは、3年前の大学卒業直前の1月にお会いしてから、ずっとお世話になっています。
2ヶ月後の3月には、アメリカの吉田さん宅に5日間ほどお邪魔しました(連絡先も聞かずに飛行機に乗りかけたため、危うく野宿するところでした)。

去年の旅行は、大学院の友人2人と、サンフランシスコからの合流組2人(現職場のサンフランシスコ法人社長さんとか)の計5人でお世話になりました。
当初の目的は、ポートランドの病院にて修士論文の調査をする友人のお手伝いでした(その後は、当然観光やら会社訪問やらいろいろ詰め込んじゃいました)。

吉田さんは、アメリカで大活躍されていますが、一方でボランティアにも熱心に取り組まれておられる素晴らしい方です。
本当に、尊敬していますし自分の目標とする生き方をされている方です。

このアメリカ滞在では、その後シアトル(大学院友人の1人が子どもの時に育った土地)に移って2日間観光し、そのままサンフランシスコに移動しました。

上がシアトルの住人、たそがれるカモメです。
シアトルで撮った写真はカモメだらけ。。。


シアトルの写真はカモメだらけの罠

次の2つがサンフランシスコ滞在中に行ったシャスタにて登山の途中と山の上での休憩風景です。
低い山の上で、1人悦に浸ってるこのシーンは、今思い返すと恥ずかしい写真です。

シャスタで山に登ってる最中(最後尾においてけぼり)

シャスタ付近の山の上で悦に浸る


日本から一緒に行った2人の内もう1人の大学院友人は、僕が今働かさせて頂いている会社でその当時から活躍されていたのですが、ぜひサンフランシスコ法人の人達にも会いたいということで、オフィスにも行きました。

その縁が、巡り巡って今の職場につながっているんだな、と思うと不思議な感じがしますしとてもありがたいことです!


ちなみに、アメリカ西海岸をうろうろした2ヶ月後には、サンフランシスコ組や東京の友人、今の上司さん達とハワイにも行ってます(当時はまだ入社してませんが笑)

おそらく最高の結婚写真(地元の方の)


これは、ハワイ住人の結婚式を盗撮(?)したものです。
間違いなく、周りにいたプロのカメラマンに勝てる神がかった写真になりました。


その横で僕もポーズ!

ハワイのビーチで勝手にヨガ

(本当はちゃんと、皆さんがお帰りになった後に撮ってます)

遊んでばかり?

お世話になりっぱなしなので、いつか、恩返しがしたいな。。。

吉田さんとは、銀座で僕の招待で飲む約束をしてるのですが、銀座はまだ未踏の地なので、いつになることやら(笑)

テーマ:本日気になったネタ - ジャンル:ニュース

仕事してて思うのですが

今の会社にて働かせていただけるようになって2ヶ月ぐらい経ちます。
もともと、全くといっていいほどITの知識がなかったので、毎日異次元世界のような会話を聞きながら仕事をしてます。

とりあえず、少しでも早くそういった会話についていけるように、わからない言葉などを片っ端から調べてます。
それでも、さっぱりなんですが笑

ただ、わからないながらも継続して勉強してたら、
「ある日気づけばわかってた!!」
とかいう淡い期待を抱いてはいます。

ヨガでも、全くできそうになかったアーサナ(ポーズ)が、毎日やっているうちにいつの間にかできるようになってたりするので。

マーケティングとかでは、こういうふうに、ある時を境に突然ブレイクしたりする点をティッピングポイントというんでしたっけ(間違えてるかも)

とりあえず、
「継続は力なり」
と自分に言い聞かせつつ。。


テーマ:モノの見方、考え方。 - ジャンル:心と身体

«  | ホーム |  »

Twitter Updates

Twitter Updates

    follow me on Twitter

    プロフィール

    アルケミスタ

    Author:アルケミスタ
    これまでのご縁で、医療・会計・統計はある程度勉強しています(現在も勉強中)。
    現在は統計分析も仕事でしています。
    趣味はヨガと読書(ジャンル問わず)。
    ここで書く内容は、日々思ったことを整理して書いています。
    もし、ここを通して僕が面白いと感じたことを共感して興味を持って頂けたら本当に幸せです。
    ありがとうございます。

    最近の記事

    最近のコメント

    最近のトラックバック

    月別アーカイブ

    カテゴリー

    リンク

    このブログをリンクに追加する

    RSSフィード

    ブログ内検索

    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。