2010-08

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Why × 5回

本を読んでいたら、モノを考えるときには「What」ではなく「Why」を5回繰り返せという内容の箇所がありました。

僕は、興味があってデザイン学校の夜間講義を取っていたりするんですが、そこの先生が言っていたことと同じだなと感じました。

「電車に乗っていて、あの人お洒落だなと思ったら、何を着ているか(What)を考えるのではなく、
なんであの人はお洒落に見えるんだろう(Why)
  →○○と△△の組み合わせがあっているから

なんで○○と△△の組み合わせがあうんだろう(Why)
  →・・・・・

という感じでどんどん掘り下げなさい。」


そうすると、表層をマネするのではなく、その奥にある本質的なものが理解でき、自分自身でそれを応用・活用できるようになるとのことで、
これを最初の授業辺りで教えたら、期末にはみんなお洒落になったとおっしゃっていました。

しばらく、自然にこの考え方ができるようになるまで意識的に取り組んでみようと思います。

ちなみに、今日は

・医師会等が一斉に、ホメオパシーは非科学的という声明を発表している

というテーマを考えました。
5回もwhyで掘り下げたら普通に記事だけしるのではなく、色々と深いところまで考えれて面白かったです。
色々仮説を立てて調べたりもしましたし。
この技術を身につけたら、もうちょっと頭がよくなれそうです。

皆さんもどうでしょうか。
今日もありがとうございました。

おまけ
数年前に、近所のお茶漬けの店でお茶漬け食べている時にこの曲が流れてきて、衝撃的でした。
アンマーとは、沖縄の言葉で母という意味だそうです。
今聴いてもやっぱりインパクトのある曲だと思います。



アルケミスタ
スポンサーサイト

テーマ:モノの見方、考え方。 - ジャンル:心と身体

受験時代の本より

受験生時代に、日本史の勉強のためにとてもお世話になった竹内睦泰さんの「超速! 日本文化史の流れ」シリーズを読み返しています。
なぜかというと、竹内さんの本は読み物としてもとても面白く、日本史が本当に好きで少しでも多くの方に歴史を知ってもらいたいという熱意が感じられるからです。

そのシリーズの「日本文化史の流れ」と言うものの中に、小野道風のエピソードがありました。
懐かしい。
こんな話、あったな!

ということで、ここで少しどんなエピソードかを簡単にご紹介します。

小野道風は平安時代に三蹟と呼ばれた和様書体の書道家として有名である。
ある日、まだ彼が無名な時にスランプに陥り、気晴らしに雨が降る庭に散歩に出た。
そこで、一匹のカエルが何度も何度も柳の木の枝に飛びつこうとジャンプしていた。
「馬鹿だな。 いくら努力したって、柳の木の枝に飛びつけるわけがない」
ところが、急に風が吹いて枝がしなった瞬間、カエルは見事に飛び移った。
それを見た道風は
「馬鹿は俺だ! 努力をしなければチャンスがあってもつかめない!」
と悟り、一心不乱に努力し、精進を重ねた。
そして三蹟と呼ばれる日本一の書の名人になった。


才能が必要な芸術の世界でも努力が実を結ぶ。 受験勉強なんて努力がモノを言う世界なのだから、悩む前にやれ!
というのが竹内さんのメッセージ。

努力をしているからこそ、チャンスが来たときにそれをしっかりつかむことができる。
今でも、新鮮な気持ちで読める本だと思います。





テーマ:モノの見方、考え方。 - ジャンル:心と身体

火の消し方

森が火事になった時に、
慌てて火の中に飛び込んで水をかけまくるよりも、

燃えている場所の周りの木を全部取り除いたり、溝を作って囲い込んだりして
燃えているところが時間とともに自然に燃え尽きて消えていくのを眺めている(または違うことをしておく)という方法もあるのではないか。

なんとなく、カフェでボケーとしてるときに思いついた。
特に深い意味があるわけでもなく、内容も「だからどうした」なんですが。

ついでにつけた映像は、こちらは消えるどころか熱く燃えまくっている人です。
予想外に感動したので。



ありがとうございます。

あるけみすた

テーマ:モノの見方、考え方。 - ジャンル:心と身体

«  | ホーム |  »

Twitter Updates

Twitter Updates

    follow me on Twitter

    プロフィール

    アルケミスタ

    Author:アルケミスタ
    これまでのご縁で、医療・会計・統計はある程度勉強しています(現在も勉強中)。
    現在は統計分析も仕事でしています。
    趣味はヨガと読書(ジャンル問わず)。
    ここで書く内容は、日々思ったことを整理して書いています。
    もし、ここを通して僕が面白いと感じたことを共感して興味を持って頂けたら本当に幸せです。
    ありがとうございます。

    最近の記事

    最近のコメント

    最近のトラックバック

    月別アーカイブ

    カテゴリー

    リンク

    このブログをリンクに追加する

    RSSフィード

    ブログ内検索

    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。